FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-08-30

水鏡庵の勝手に鑑定日記  エボラ出血熱

今回は最近流行のエボラ出血熱を観て行きましょう。
 エボラが世界で初めて認知されたのは1976年6月、スーダン南部で流行、同じ年のコンゴ共和国でもスーダンより大きい被害を出しました。
 その死亡率は50%~88%と高く有効な治療法は今だ確立されていません。
ワクチンなどの研究が進まない理由の一つに感染地域がアフリカに集中しており、製薬会社の市場が狭いのがその一因と言われております。要するに、ワクチン開発ともなれば製薬会社は多額の研究費用を捻出しなければなりませんが、苦労して作ったワクチンの市場が主にアフリカだけという非常に狭い範囲に限定しており商売上、利益が上がりにくい状況がこの背景にあるようです。
 またエボラは流行と沈静化を繰り返しており、過去数度に渡り流行しております。
中々、撲滅出来ない強力なウィルスなようです。

この、強力で最悪なウィルスが日本に侵入するリスクがどれほどあるのか、今回はその辺りを鑑定してみましょう。
                                              960x640xfed9b62550e3cf2bd0d51940.jpg


「鑑定結果」
 エボラ出血熱が日本に侵入する可能性、リスク、危険性などはです。
ですが、そのほとんどは水際で食い止められるようですが、どうも深刻な猛威を振るうとまでいかないまでも水際をスル―するケースもあるようです、要するに、空港、港などの海外からの「人」の入国に伴いウィルスも国内に持ち込まれる可能性があり、またその他の動物に感染している状態で日本国内に侵入する可能性も加味して観ましたら、国内へのウィルスの侵入危険度はと観えました。

 皆さん、ウィルス流行が沈静化するまではむやみに動物(特に鳥)などの接触は控え、海外へ旅行、ビジネスで出掛けていた方は様子がちょっとでもおかしいと思ったら直ちに最寄りの病院へ行くように。




開運コンサルタント水鏡庵に興味のある方は和泉堂ホームページ内の水鏡庵のページをクリック、タップして下さい。
 また、我々、其仙流の沿革を載せている和泉堂ホームページも興味がありましたら是非。
後、其仙流のブログも大変面白い内容になっておりますのでそちらも是非どうぞ。
電話でもお問い合わせも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ。

和泉堂ホームページ
其仙流のブログ
開運コンサルタント和泉堂 088-821-9997                  
開運コンサルタント水鏡庵 088-855-6921
ミズハ携帯番号 080-4032-7307
                                     600x450x706bf6a86dc2cf249681d025.jpg


                                  
スポンサーサイト

2014-08-25

勝手に格付け物語 高知の旭食品(株)

勝手に格付け物語、第二弾は高知県の食品物流会社の旭食品(株)さんです

 創業は1923年(大正12年)、主に食品の流通、卸業をしている企業で、高知で旭食品を知らない人はいないんじゃないかと思うくらい有名な企業です。
 本社は高知県南国市、事業所や支店、営業所は東京、兵庫、中国地方、九州地方と規模も大変大きい企業です。

では早速、旭食品(株)さんを格付けをしてみましょう。

「旭食品の格付け」
・将来性 2
・創造性 2
・信頼性 3
・勢い  2.5
・人財力 2.5

「代表者の格付け」
・経営手腕 2
・人気度 3
・情熱  3
・徳   1.5
・人物性 2

以上が旭食品(株)とその代表者の格付けです。企業格付け2.4 代表者の格付け2.3と数字上はまぁまぁな評価ですが。
何点か注意点があるようですね。

「結論」
経営者にとってとても大切な情熱が良い点が挙げられますね、これは不可能を可能にするまた、難解な問題を突破する原動力にもなり経営者には当然、求められる要素です。その影響で周りにも人が集まって来やすいようです。また、一応、見識力も持っておられるようです。
 ですがその一方で経営者の人格、人間性がもう一つ足りないようにも感じます。
例え、悪い事、良くない状況が優勢でも「それでも動機は善であれ」の精神はしっかりと持ちたいものです。
 経営者なら尚の事です。現在、貴社がこの不況の中で持ち応えているのは先人や今現在周りにいるブレーンの中に高い見識と胆識を持っている方達のお蔭でしょう。それを自分が築き上げたと思過ぎないように。

 知識は見識を以って初めて意義のあるものとなります。一般の勤め人なら見識止まりでも構いませんが、経営者はそうはいきません、経営者には高い見識と更に胆識が必要なんですね。

よってまとめたアドバイスをするなら、「善に従う」事です。
 そうすれば、月日を重ねて行くうちにいつの間にか「正しく不動の精神」を養う事になり、結果、貴社も発展維持出来るでしょう。
 

以上、勝手に格付け物語第二弾でした。


                                        ひまわり


開運コンサルタント水鏡庵に興味のある方は和泉堂ホームページ内の水鏡庵のコーナーをクリック、タップして下さい。
 また其仙流のブログも大変面白い内容になっておりますのでそちらも、是非覗いてみて下さい。
お電話での受付、問い合わせも受け付けておりますのでお気軽にどうぞ

和泉堂ホームページ
其仙流のブログ
電話番号088-855-6921
ミズハ携帯番号080-4032-7307

2014-08-25

勝手に格付け物語 高知の入交産業グループ

この、ブログの趣旨は企業や人物などの格付けをする事によって我々の「腕」を知る手掛かりとして、また運勢学とは?などの正しい知識などを少しでも皆様に理解してもらおうとするものです。

格付け評価は全四段階(1→2→3→4)の順に高評化です。

では、勝手に格付け第一弾は、高知県の入交産業グループです。
  
 創業1829年で非常に歴史がある企業で現本社は高知市仁井田にあります。事業内容は建設、石油関係、不動産、など多岐に渡りホームセンターも経営している企業で、正に高知を代表する企業の一つでしょう。
また、東京、北海道、大阪など支店、グループ企業は全国に点在しており、企業規模は中々です。

「入交産業の格付け」
・将来性 2
・創造性 2
・信頼性 3
・勢い  2
・人財力 3

「入交産業代表者の格付け」
・経営手腕 2
・人気度  3
・情熱    2
・徳     3
・人物性  2

以上、企業格付けは2.4 代表者の格付けは2.4でした。まずまずの点数でしょう。

「結論」
私が観た所、社風に厳格性があり非常に古き良きものを重んじる企業であろうと思いました。これが悪い方に転ばないように少し危惧はしましたが・・・。
 「温故知新」の言葉が示す通り古きを尋ね新しきを創造する精神、考えがもう少しあれば良いと思われます。
また、人財にまだまだ、良き人財が眠っているよう感じましたので、よって、古き良きものを重んじつつも一方で良き人財を発掘、育成し新しい風を社内に取り込んでいくと更に発展生成が望めるでしょう。

 また代表者に対しましては、経営とは時に細かい事も要求されたりもしますが、平時の時は出来るだけ大らかにいるよう心掛けるとよろしいでしょう。また、その時々に「何に従うべきなのか?」良心なのか?信念なのか?常識なのか?など能く熟慮しながら決してワンマンにならないよう心掛けると少しづつ状況もスムーズに事が運ぶでしょう。


以上が入交産業の格付けでした、このブログは決して企業や個人を非難、酷評する事が目的で無い事をご理解して頂いて我々のアドバイスを少しでもお役に立てて頂きたく存じます。

 尚、開運コンサルタント水鏡庵に興味のある方は和泉堂ホームページ内の水鏡庵のコーナーをクリック、タップして下さい。また、もう一つのブログも大変、面白い内容になっておりますので、是非そちらも覗いてみて下さい。
 また、お電話でも受け付け、お問い合わせもしております、お気軽にどうぞ。

和泉堂ホームページ  http://wasendou.net
水鏡庵ブログ  http://mizuhakisen.blog.fc2.com
電話番号 088-855-6921
携帯番号 080-4032-7307
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。